2012年10月23日

がん生存率を公表

国立がん研究センター研究班は23日、胃、大腸、肺、乳、子宮頸の5種類のがんについて、診断から5年後の患者の生存率などを全国のがん専門病院ごとに集計し、ホームページ上で公表した。公表は2008年以来、4年ぶり3回目。病院名を明らかにしたのは、「全国がん(成人病)センター協議会」に加盟し、地域の中核を担う31病院のうち28病院で、前回より9病院増えた。(時事通信)



http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/science/cancer_research/?1350952181

※この記事の著作権は配信元に帰属します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

がん患者にとっては、とっても興味があることとは思います。それに・・・知ることは大事なことでしょうし、また、逆に怖くて知りたくないという人もいるでしょうね。

この生存率も大事かもしれませんが、治療によってガンが治ったというのがはっきりいってガン患者が一番知りたいことですよね。直してほしい、長く生きたいっていうのが本心のはず…・

抗がん剤・放射線治療と食事のくふう

抗がん剤・放射線治療と食事のくふう
著者:静岡県立静岡がんセンタ-
価格:2,100円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

posted by カン太 at 11:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
トップへ ホームページ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。